食べ物での花粉症対策

今の時期花粉症に悩まされている方は多いのではないでしょうか。花粉の飛散量は、去年の5倍~10倍と言われています。

少しでも花粉症を抑えることができるよう、花粉症に効果がある食べ物を紹介したいと思います。

 

花粉症に効く食べ物としては、抗酸化作用のある栄養素、ポリフェノールを含んでいることが一つの目安となります。

花粉症の症状である、鼻水や目のかゆみは、活性酸素が増えると症状が悪化します。抗酸化作用のあるポリフェノールは、活性酸素を除去する働きがあるため、花粉症に有効とされるのです。

 

具体的には、シソの葉っぱや長ネギ、ゴボウなどです。トマトや玉ねぎといった身近な食べ物にも含まれています。

基本的に、野菜や果物にはポリフェノールが含まれていますが、特に緑黄色野菜、ビタミンCやEを多く含んでいる、野菜がお勧めです。
赤ワインや甜茶、ルイボスティーなどの飲み物にも含まれているので、上手に取り入れましょう。

 

逆に花粉症に良くないと言われる食べ物は、高カロリー、高タンパクと呼ばれる食品です。脂の多いお肉や、ケーキやアイスなどの甘い食べ物は、控えめにした方が良いです。辛味の強い唐辛子の様な香辛料も、鼻水を悪化させる恐れがあるので、食べ過ぎには注意して下さい。

鍵交換についてならこちらへ

いちごに秘められたパワー

まもなくいちごの時期も終わりますね。
いちごには、健康と美容効果にとても最適なパワーがあることをご存知だったでしょうか?
いちごの健康と美容についてまとめてみました。

1、いちごで健康
いちごには、下痢や便秘を防ぐ整腸作用を持つ水溶性の食物繊維ペクチンを豊富に含まれているそうです。
このペクチンには血液中のコレステロール値を下げる効果や動脈硬化の予防にも良いと言われているそうです。

他にも、いちごには貧血予防効果にも良いそうです。
いちごは、ビタミンCを十分に含む食事では、あまり含まない食事と比較して、鉄分の吸収量が2倍~4倍に上昇し、貧血気味の女性にはおすすめの食べ物です。

虫歯予防にもいちごは良いです。
いちごには、キシリトールやビタミン、ミネラルなどバランスよく含んでおり、虫歯予防にも良い効果があります。

2、いちごで美肌
いちごには、ビタミンCの食べ物なので、ビタミンCにはコラーゲンを作るため、肌をつややかにするとともに、メラニン色素の沈着を抑制し、シミ、ソバカス・吹き出物など、肌のトラブルにも良いそうです。
毎日、いちごを食べていれば、シミ・ソバカスの予防にもなり、美肌効果にも良いそうです。

ダイエットを考えている方は、こういったいちごを食べてのダイエットがおすすめです。

食べる際には、練乳や砂糖をつけずに生で食べるようにしてください。
今回は、いちごにまつわる健康・美容効果についてまとめました。

シミ取りについてならこちらへ

このページの先頭へ